樹木葬という埋葬法を知っていますか

バナー

樹木葬という埋葬法を知っていますか

自然葬が注目されている今、散骨と一緒に語られる事の多い樹木葬ですが皆さんはどの程度知っているでしょうか。


勘違いされている方が多いのが、散骨の1つだと思っている事です。

樹木葬は、間違っても散骨ではありません。

墓石の変わりに、樹木を植樹して墓石代わりの目印として埋葬する方法です。



日本では、古来から墓は代々守っていく物という感覚があります。

コトバンクに関するご案内です。

しかし、少子化が進み墓を守るという事が子供の負担になるという話しも聞かれます。
他にも、夫婦2人で墓を守る後継者が居ないという方も増えてきました。

そんな方が選ぶというケースもあります。
散骨と違い、行政に許可を得た霊園での埋葬になりますから法律的には問題はありません。
また、一般的な墓地の様に管理者が居なくなった場合に無縁仏として処理される事も無く。

基本的に、永代供養としての契約になりますので後継者無しでも契約可能な場合がほとんどです。

身内のしがらみや、宗教などに囚われずゆっくりと眠りたいという方には良い埋葬法と言えるでしょう。


また、樹木葬ですと墓石費用も掛からず。


霊園の使用料金も、全般的にお安く済む場合はほとんどです。
必要な費用は、利用料のみということになります。

一般的な墓の場合、平均費用は160万程度だったというデータがあります。


反面、樹木葬は、20万から70万程度で有ったそうです。
もちろん、場所により価格は前後してくると思われます。

埼玉の樹木葬情報はすぐに役立ちます。

それでも、一般的な墓を持つ費用よりも、半額以下になることから宗教や形にこだわらない方にはお勧め出来る埋葬法です。


Copyright (C) 2015 樹木葬という埋葬法を知っていますか All Rights Reserved.